工事管理システム「建て役者」

『クラウドサイン連携オプション』提供を開始

2020.09.15

株式会社システムサポート(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:小清水良次、以下STS)は、
STSが提供する建築業向け工事管理システム『建て役者』について、
弁護士ドットコム株式会社が提供するWeb完結型クラウド契約サービス『クラウドサイン』と
連携する新オプション機能の提供を、9月15日より開始します。

今回提供を開始する『クラウドサイン連携オプション』を利用することにより、
建て役者ユーザーは『建て役者』を通じて、クラウド上で契約作業を完結することが可能となります。

■ ニュースリリース全文はこちら

■ 本オプションに関する費用はこちら

■ お問い合わせはこちら

連携イメージ

  1. 建て役者ユーザー(工務店)は建て役者上で契約書を作成・契約登録
  2. 建て役者からクラウドサインを通じてお客様(施主)へ契約書を送付し、
    お客様はクラウドサイン上で同意を行い、契約締結
  3. 契約締結後、建て役者ユーザー(工務店)は建て役者上で受注登録

ユーザーメリット

  1. 契約締結までの業務スピードの向上
    契約書の製本・捺印などの事務作業や、郵送や立ち合い、訪問などで行っていた書類の受け渡しが
    不要となるため、契約締結までの業務スピードを改善することができます。
  2. 間接費用の削減
    クラウド上で契約締結が可能となるため、印紙代、郵送代、ペーパー代、倉庫管理料などの間接費用を削減することができます。
  3. お客様負担の軽減による顧客満足度の向上
    捺印作業が電子契約に替わるため、お客様の契約手続きに関わる負担を軽減します。
  4. テレワーク活用
    契約書の製本、捺印などが不要となるため、テレワークの環境下でも契約締結が進められます。

クラウドサインとは

『クラウドサイン』は、「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。
全てがクラウド上で完結するため、契約締結のスピード化とコスト削減を実現します。
電子契約機能には、「いつ・誰が・どの契約に合意したか」を証明する電子署名とタイムスタンプを付与しています。
リモートワークの環境下においても契約書の証拠力を担保しながら、事業活動に重要となる円滑な契約業務を可能にします。
2015年のサービス提供以来、導入社数10万社を突破した業界No.1のサービスです。

ご質問やご導入のご相談はこちらから